介護士portal

一般事務に転職

最も転職先を見つけやすい職種の一つ

今まで実績を積んできた仕事を辞めて新たな仕事を始める際には、転職先の候補を見つけやすいかどうかを考える必要があります。
高い専門スキルがあるのであれば問題ありませんが、それほど専門的なスキルがない場合には、実務経験が少ない人でも働き始めやすい職種を選ぶ必要があります。
その点で、一般事務は特に高い専門的なスキルや実務経験がなくても始めやすいので、介護士など他の業界から転職するのに適しています。

また、一般事務はどの企業でも必要とされる仕事ですので、どの地方であっても求人が多いというメリットがあります。
もちろん、その分給料水準が少し低めとなっているという面もありますが、安定した仕事ですし、新たな仕事が見つけやすいので長く続けられるのが一般事務の良いところです。
ある程度基本的なスキルがあれば、特に細かな応募条件を課していない会社がほとんどですので、新たなチャレンジをするのにぴったりの仕事です。

パソコンスキルがあると採用に有利になることが多い

一般事務の業務内容は会社によって異なりますが、基本的にパソコンを使って書類をまとめたり、文書作成をしたりすることが多い傾向にあります。
また、パソコンでのデータ集計や管理などの業務も一般的です。
このように、ほとんどの企業では一般事務の仕事をパソコンを使って行うため、求人の際にはパソコンスキルがある程度あると優遇されることが多くなります。

特にエクセルやワードなどの基本的なソフトを扱えると、実務で役に立ちますので、採用にも有利になるでしょう。
もちろん、MOSなどのパソコンスキルを証明できるような資格があると便利ですが、資格を持っていなくてもパソコンができること、ワードやエクセルなどの操作に慣れているということを履歴書に記入したり、面接の際に伝えたりすることができます。
いろいろな人が応募してくることが多い職種ですので、できるだけ積極的に自分を売り込むことが転職活動を成功させるためのカギとなります。

企業規模や雇用条件をしっかりと確認する

一般事務の応募はかなりたくさんの種類と数がありますので、自分が希望ずる条件に合った転職先を選ぶ必要があります。
できるだけ環境の良い職場を選ぶことが大事ですが、一つの基準は企業規模です。
一概には言えませんが、やはり大きな会社の方が福利厚生がしっかりとしていたり、労務管理がきちんとなされていたりしますので、長く働くには適した環境が整っています。

また、多種多様な求人がありますので、雇用条件をしっかりとチェックすることも大事です。
固定給の額はもちろんのこと、ボーナスや昇給の基準はどうなっているか、長期休暇は取りやすいかどうか、有休の消化率はどのくらいかなどを見ることがポイントです。