介護士portal

好印象な履歴書

重きが置かれる履歴書

介護職は、売り手市場であることは確かです。
ですが、誰でもいいということではなく、ある程度適正も見極めなければいけない職業であるところがポイントとなるでしょう。

そこで、参考にされるのが、自己PRであることは確かです。
しかし、依然として履歴書は重要な意味を持ち、書き方次第では合否を左右するものとなります。

自分で履歴書を眺めてみる

履歴書には、さまざまな情報が書き加えられることでしょう。
名前や住所、年齢だけではなく、学歴や職歴、その時の役職などは当然必要です。
さらには、得意学科や自己PRといった部分も入ってきますので、ただ書き連ねればいいというわけではありません。

まず大切なことは、自分で自分の履歴書を眺めてみることです。
それも、自分が採用担当者になったつもりで、履歴書を眺めてみると、いくつかのポイントが見えてくることでしょう。

まずは、どんな字で書かれているかです。
書きなぐるような字で書かれていたらどうでしょうか。
焦って書いたから仕方がない、担当者がそう判断することはまずありえません。

担当者はその場にいてみているわけではありません。
印象を良くしたいのであれば、訂正したりすることもなく、できる限り丁寧に書く必要があるのです。

間違っても、誤字の訂正の代わりに上から紙を貼り、書き直したりすることはあってはなりません。
冗談のような話ですが、こういった履歴書を送ってくる例は驚くほど多いのです。

自筆で丁寧に書くこと

自分は字が下手な為、誰かに代筆してもらったりすることもあるかもしれません。
もし、それがわかってしまったときには、どう考えるでしょうか。

字は人を表します。
きれいな字や丁寧な字は、とても重要な要件となりますが、一生懸命まじめに書き込まれた字というものは、見て判別がつくものなのです。
相手に伝えるという意思が感じられないこともありますので、必ず自筆で書きましょう。

心に残るかどうかは相手の判断

最近では、PCで履歴書を作成することも増えています。
企業としても、データベース化が容易であるため、メール添付を推奨するところも出てきました。

ただし、好印象を与えるという点では、介護職にはPCで作成した履歴書はあまり影響しません。
それどころか、マイナスになることもあるでしょう。

名前だけは自筆であると言い張る人もいますが、それも自分の解釈です。
相手がどう解釈するかで、印象が変化するのですから、独りよがりにならないようにしなければいけません。

好印象という面で、自己PRや特技、好きな学科は外すことができない部分です。
一言書いて終わりにしてしまう人もいますが、自己分析を進め、必ず文章として書き込むようにしましょう。

ありきたりな言葉を並べたりするのではなく、自分の言葉で書くことも大切です。
人と同じ書き方では、好印象どころか、印象に残ることもないでしょう。